Q.決算時に棚卸仕訳の入力をする方法

 

決算時の棚卸の仕訳は、下記のように入力します。

 

<操作手順>

 

例:会計期間4月1日〜3月31日で、年度末に一度だけ棚卸を行う場合

テキスト ボックス: 当期首の商品在庫(=前年度末)が200,000円、当期末の商品在庫が150,000円の場合
期首商品棚卸高  200,000 / 商     品   200,000
商     品  150,000 / 期末商品棚卸高   150,000

1.「帳簿」画面を開きます。

 

2.伝票日付欄に[13(決算取引)]を入力します(下図は「帳簿」→「振替伝票入力」より入力した図です)。

 

※「帳簿」→「振替伝票入力」より棚卸の仕訳入力をする場合は、貸借の合計金額が一致していないと伝票の登録ができません。貸借金額が一致していることを確認の上、画面上の[登録]をクリックし、伝票を登録してください。

 

※各帳簿の「機能」にて、ファンクションキーの配列を「配列1」と設定している場合は、ファンクションキーの配列が下図と異なる場合がありますのでご了承ください。

 

3.2で入力した伝票は以下のように各帳簿画面で「決算月」タブに集計されます。

*ボタンをクリックすると確認できます。

 

また、製品、原材料、仕掛品の棚卸の仕訳に関しましては以下のように入力します。(製造原価ありのデータのみ)

 

(ア)製品の場合


 

(イ)原材料の場合

 

(ウ)仕掛品の場合

 

※各勘定科目のコードはデータ作成時の初期値になります。

 

※毎月、棚卸の仕訳を入力する場合は、上記の方法では集計が正しく行われませんので、月次棚卸用の科目を別途作成する必要がございます。

詳しくは、こちらを参考にしてください。

Topへ↑

他のQ&Aを見るソリマチ業務ソフトのご紹介ソリマチ ホームページ